家庭教師の目🌱

~プロ家庭教師歴20年以上のNACKY先生が語る受験・子育て・自分育て~

春の沖縄! その② ~美ら海水族館・海洋博公園・古宇利大橋・古宇利島など~【徒然日記・旅行記】

f:id:nacky-seven:20190414083235j:plain
「協調性抜群!」@美ら海水族館 photo by NACKY


4/5(金)、沖縄旅行2日目。

旅行と言えば、
イカーかレンタカーでの移動がほとんどだったのですが、
今回は、だんな抜きの母娘3人旅。
そして私には、運転免許がない。

ということで、2日目は、
「美ら海終日観光バスツアー」に参加してきました。

f:id:nacky-seven:20190414085659j:plain
「1日お世話になります」@おもろまち photo by NACKY

生憎の雨でしたが、バスツアーなので移動がラク
バスガイドさんのお話も分かりやすく、
民族衣装を着ての沖縄民謡やカチャーシーの披露もあり、
車での移動にはない楽しみ方ができました。

カチャーシー
 沖縄民謡に合わせ、両手首を回しながら頭の上で左右に振る踊りです。
 「かき回し」が訛って「カチャーシー」になったと言われているそうです。

こちらのバスツアー、5か所をめぐる10時間以上のコース。
お値段は、私と高校生の長女が5,000円、中学生の次女が3,500円。
この値段で、美ら海水族館の入館料込み!
(大人 1,850円、高校生 1,230円、小中学生 610円かかります。)
かなりのお得感がありました!

沖縄美ら海水族館・海洋博公園

沖縄南西部の那覇から北西部の美ら海(ちゅらうみ)水族館へ。
バスに揺られること、1時間40分。

海洋博公園内の水族館へ向かう途中、「令和」の花壇発見!

f:id:nacky-seven:20190414083202j:plain
「令和の花壇」@海洋博公園 photo by NACKY

そしてさっそく、美ら海水族館へ。

f:id:nacky-seven:20190414095606j:plainf:id:nacky-seven:20190414083140j:plain
「水族館外観」@美ら海水族館 photo by NACKY

平日、しかも雨にもかかわらず、すごい賑わい!
この混雑の中、2時間半でまわれるか不安でしたが、
順路も分かりやすく、効率よくまとまっていたので、
思ったよりスムーズにまわれました。

f:id:nacky-seven:20190414095601j:plainf:id:nacky-seven:20190414083327j:plain
「大盛況!」@美ら海水族館 photo by NACKY

鮮やかな魚特集。

f:id:nacky-seven:20190414083220j:plainf:id:nacky-seven:20190414131004j:plainf:id:nacky-seven:20190414083353j:plainf:id:nacky-seven:20190414083412j:plainf:id:nacky-seven:20190414091910j:plain
「鮮やかな魚たち」@美ら海水族館 photo by NACKY

不思議な生き物特集。

f:id:nacky-seven:20190414083253j:plainf:id:nacky-seven:20190414083448j:plainf:id:nacky-seven:20190414083214j:plainf:id:nacky-seven:20190414083503j:plainf:id:nacky-seven:20190414083438j:plain
「不思議な生き物たち」@美ら海水族館 photo by NACKY

迫力満点特集。

f:id:nacky-seven:20190414083537j:plainf:id:nacky-seven:20190414083318j:plainf:id:nacky-seven:20190414083606j:plainf:id:nacky-seven:20190414131009j:plain
「迫力満点!」@美ら海水族館 photo by NACKY

水族館を楽しんだあとは、「亀の浜(カーミヌハマ)」へ。

f:id:nacky-seven:20190414083632j:plainf:id:nacky-seven:20190414095557j:plain
「足だけ海へ」@亀の浜 photo by NACKY

4月上旬の海。まだ水は冷たいです。

古宇利大橋・古宇利島・尾我地島

いよいよ絶景スポットの1つ、古宇利(こうり)大橋へ!
古宇利大橋は、古宇利島(こうりじま)と屋我地島(やがじしま)を結ぶ
全長1,960メートルの大橋。
(伊良部大橋に次いで県内2番目に長い橋です。)

が、この日一番の天気の悪さ(泣)。
残念ながら、ガイドブックで見るような
エメラルドグリーンの珊瑚礁の海は見られず…。

島到着後も、暴風雨につき古宇利ビーチへは足を運ばず、
お土産屋さんで滞在時間の20分(短すぎる~)を過ごしました。

お土産屋さんには、南国のフルーツがたくさん。

f:id:nacky-seven:20190414114022j:plainf:id:nacky-seven:20190414114029j:plain
「南国フルーツ」@古宇利島 photo by NACKY

娘たちはそれぞれ、スターフルーツ、サトウキビの
カットされたもの(それぞれ100円)をその場でいただいていました。

f:id:nacky-seven:20190414114033j:plain
「カットフルーツ」@古宇利島 photo by NACKY

さらに、生昆布(笑)と海ぶどうをお小遣いで買っていました。

私は小腹が空いたので、
「モズクあおさ天ぷら(古宇利島の母の味)」を購入。

f:id:nacky-seven:20190414114053j:plain
「古宇利島の母の味」@古宇利島 photo by NACKY

そして、ちょっと珍しい、
そしてこの辺りでしか売っていないらしい、
屋我地島のモリンガ入りちんすこう」をお土産に。

モリンガ、今注目のスーパーフードだそうです。

f:id:nacky-seven:20190414114036j:plain
「モリンガ入りちんすこう」@古宇利島 photo by NACKY

古宇利大橋を渡っている最中の、車窓より。

f:id:nacky-seven:20190414114101j:plain
「雨模様」@古宇利大橋 photo by NACKY

雨が…。残念。

なにはともあれ、離島の地に立ててよかったです!

御菓子御殿 恩納店

次は、万座毛の少し手前にある「御菓子御殿 恩納店」へ。
(バスツアーに必ず組み込まれている
「お土産タイム」ってやつですね。)

「紅いもタルト」で有名なこちらのお店、
「御殿」というだけあって、店構えも立派です。

f:id:nacky-seven:20190414221742j:plain
「立派な店構え」@御菓子御殿 photo by NACKY

店内からは、ガラス越しにお菓子工場も見えるようになっています。

工場を見守るシーサーちゃんは、紅いもタルトをほおばっていました。
魔除けのご褒美は紅いもタルトなのかな

f:id:nacky-seven:20190414222100j:plainf:id:nacky-seven:20190414222105j:plain
「紅いもシーサーちゃん」@御菓子御殿 photo by NACKY

お菓子の種類の多さも去ることながら、
可愛い沖縄グッズもたくさんありました。

f:id:nacky-seven:20190416144405j:plainf:id:nacky-seven:20190416144421j:plainf:id:nacky-seven:20190416144424j:plainf:id:nacky-seven:20190416144457j:plainf:id:nacky-seven:20190416144504j:plainf:id:nacky-seven:20190416144515j:plainf:id:nacky-seven:20190416144520j:plain
「可愛いお土産がたくさん!」@御菓子御殿 photo by NACKY

美ら海終日観光バスツアー後編は、また次回に。