家庭教師の目🌱

~プロ家庭教師歴20年以上のNACKY先生が語る受験・子育て・自分育て~

大好きな生うにがトラウマになりそうになった話 その②【NATSUKIのつぶやき】

f:id:nacky-seven:20190626211107j:plain
まっくろくろすけみたいなうに」@礼文島 photo by NACKY
礼文島と今回のうに騒動とは何の関係もありません。


前回の記事でふるさと納税の返礼品の生うに騒動を書きましたが、
この騒動には、実はプロローグとエピローグがありまして。

前回の記事「大好きな生うにがトラウマになりそうになった話 その①」はこちら↓

www.nacky-seven.tokyo

■1回目の発送

前回のつぶやきでは割愛したのですが、
実は、一番最初に生うにが送られてきたのは、5月の中旬でした。
生ものなのにどこを探しても賞味期限の記載がなく、
おかしいなとは思ったのですが、
海水につけられていたし、がっつりふたも閉まっていたし、
賞味期限が書いていないということはある程度日持ちするのだろう、
なぞの楽観視をしてしまい、すぐには開封しませんでした。
※家族の夕食時間もなかなか揃わなかったし…。

到着から5日目に、楽しみにうにの入った容器を開けると、
なんだか生臭い、怪しい臭いがリビング中に充満…。
鼻を近づけると、ウッとくる臭い。
2パック頼んだのですが、もう1つも同様でした。

それでも、2パックも頼んだのだから、
そして半年も楽しみに待っていたのだから、という貧乏魂から、
ずっとパックに入っていたせいで臭いが強いだけで、
食べてみればきっと美味しいはず、
とまたまたなぞの楽観視で、一口食べてみたのですが…

ゲッ、やっぱり腐った味!!

懲りずに娘たちも食べてみて、全員吐き出す始末。(-_-;)
※自分で確かめないと気が済まない人たちです。

結局、泣く泣く2パック分、
ディスポーザーで処分するしかありませんでした。
※念のため予防で正露丸を飲んでおきました。

次の日、ふるさと納税センターに電話をして、
賞味期限がどこにも書いていなかったのですが、
どのくらい日持ちするものだったのですか?と確認したところ、
発送から1週間が目安、との回答でした。

賞味期限書いてなきゃ分からないし、
5日目に開封したのに腐っていて食べられなかった旨を伝えたら、
後日連絡があり、再度送り直してくれるということになりました。

ただ、賞味期限は裏面のシールに書いてあったはず、
と押しきられてしまいました。
※いや裏面にシールあったら探さなくても気づくでしょ。


■2回目の発送

この経緯があっての、2度目の生うにが、
前回のつぶやきのパッケージ破損騒動だったのです。

外側の発泡スチロールの箱はかなり頑丈なので、
配送中に中身が割れたとも思えず、
いくらなぞの楽観視が得意な私でも、
嫌がらせかな?と勘ぐってしまいたくなりました。

いったん、割れていた方は残しておき、
1パックだけその日のうちに食べましたが、
80gは4人で食べるには少なく、
しかもあまり美味しいうにではなく、
いろんな意味でガッカリでした。
※次女は薬臭くて食べられないと言っていました。

このときは、賞味期限は裏面のシールに明記されていました。

翌日ふるさと納税センターからお詫びの電話があり、
再送するのでお待ちくださいということになりました。
※貴重な会社の休憩時間に何度も連絡をとる羽目になり、
本当に疲れました…。


■3回目の発送

前回の記事でつぶやいた通り、
返品したはずの水漏れした生うに
そのまま送り返されてきました。

正直もううになんてどうでもよくなっていたけど、
再びふるさと納税センターに電話。
パッケージの状態を写した写真も送ってということになり、
メールでもやり取りする羽目に。
※忙しい中、クレーマーみたいなことしたくないのに…
ほんと勘弁してくれ。


■4回目の発送

そして先週日曜日。
パッケージ破損分の代替品の1パックが送られてきました。

今度こそ…割れてない。ホッ。

もう生うにはトラウマになっていて、
ほとんど義務感から食べたのですが、
今回のは、ものすごく美味しかった!!

結局、4回も送られてきて、やっと、やっと、
まともなうににありつけたのでした。
※長女が、前より量少なくない?と言うので念のため量ってみたら、
80gのはずが73gしかなく…最後までずさんでしたけどね。

そして、やっぱり、どれだけ探しても、
賞味期限はどこにも記載されていませんでした。
※前回だけ、クレーム来たから付け焼き刃的に
シール貼ったんだろうな。


ふるさと納税の返礼品は、あくまでも納税に対するお礼のお品。
過度な期待はしていなかったものの、
生ものだけに、いろいろちゃんとして欲しかったです。

ちなみに、生うに(生食用)を販売する際は、
消費期限または賞味期限を容器包装に表示すること
食品表示法で義務づけられいる、とのことです。
※気になったので調べてみました。

まあ、当たり前のことですよね。

長くなってしまいましたが、
皆さんも「生もの」にはお気をつけください。
特にこれからの季節。

amazonプライム 30日間の無料体験に申し込む

www.nacky-seven.tokyo]
www.nacky-seven.tokyo
www.nacky-seven.tokyo
www.nacky-seven.tokyo
www.nacky-seven.tokyo
www.nacky-seven.tokyo