家庭教師の目🌱

~プロ家庭教師歴20年以上のNACKY先生が語る受験・子育て・自分育て~

上智大学オープンキャンパスへ🏙️親目線・子ども目線で受験を考える【大学受験情報】

f:id:nacky-seven:20190826233121j:plain
四ツ谷駅前から見た上智大学」@四ツ谷 photo by NACKY

www.nacky-seven.tokyo

高2の夏!ということで、この夏、長女はいくつかの大学の
オープンキャンパスや体験授業に参加してきました。
学校選びの基準は特になく、志望するしないに関わらず、
国立私立にもこだわらず、文系理系すら気にせず、
そして自分のレベルも省みず(笑)、
興味のある内容にはとりあえず応募するという、
よく言えば視野の広い、悪く言えば節操がない(笑)、
いずれにしても方向性の定まらない訪問ではありましたが、
大学とはどんなところか、を少しは体感できたのではないかと思います。

そんな中、うちから比較的行きやすい上智大学オープンキャンパスには、
長女に誘われ私も行ってきました。

f:id:nacky-seven:20190826233515j:plain
「お洒落な校舎」@上智大学 photo by NACKY

四ツ谷駅から見える距離という便利なアクセスもあってか、
ものすごい数の高校生とその保護者が訪れていました。

大学の門の前では、右翼らしき団体が、
スピーカー片手に大学批判を展開していて、ちょっとびっくり。
お正月の靖国神社かと思いました。

長女が申し込んでいた体験授業は、経済学部の授業だったのですが、
なんとすべて英語での授業だったそうです。さすが上智
英語でやるか日本語でやるかは、
参加者(200人くらい)の多数決で決めたそうなのですが、
英語の希望者が圧倒的に多かったとのことです。さすが上智志望者。
ちなみに長女は日本語を希望したらしいです(笑)。

まあ、高校生相手の授業ということもあってか、
英語の単語自体はさほど難しくなく、
内容は思ったよりよく分かったと言っていました。

f:id:nacky-seven:20190826233738j:plain
「公式キャラクター・ソフィアンくん」@上智大学 photo by 長女

長女が予約していたイベントに参加している間、
私はひとり暇になってしまったので、
予約なしで入れる保護者向けの講座に参加してきました。

f:id:nacky-seven:20190827001556j:plain
「講座の会場となった17階からの眺め」@上智大学 photo by NACKY

『親目線・子ども目線で捉える受験勉強と大学生活』と題するこの講座では、
学生さん2名と保護者の方2名の体験談やアドバイスを聞くことができました。

備忘録を兼ねて、今回もこちらで共有しますね。

受験のときの勉強方法は?

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨アウトプットを増やす。
 1回インプットしたあと、とりあえず1回問題を解いてみる。
 →解けなかったものはもう1度インプットする。
 これをくり返すと効率よく学習できる。

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨過去問演習をやる。
 赤本5年分以上を2周以上くり返す。
 慣れるだけで本来持っている力を出せる。

家族がしてくれて嬉しかったことは?

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨R-1飲むヨーグルトを用意してくれたこと。
✨自主性を尊重してくれたこと。

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨自分より早く起きてお弁当を作ってくれたこと。
✨玄関まで来て「いってらっしゃい」と見送ってくれたこと。

逆に、わずらわしかったことは?

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨学校・塾と勉強一筋でストレスが溜まっている。
 家では勉強のことを言われたくなかった。

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨塾から遅く帰ってきてテレビがついているのが嫌だった。

家族として心がけたことは?

保護者Cさん(法学部3年生男子の母)
✨猛反発されてからは、口を出さないようにした。
✨野菜とタンパク質を意識してとらせた。
 (塾が遅く夕食をコンビニで済ませることが多かったため。)
✨加湿・家族の手洗いうがいを徹底させた。

保護者Dさん(総合グローバル学部3年生女子の母)
✨友だちのお子さんと比較しないようにした。
✨「よく頑張ってるね」と励ました。
✨体調管理を心がけた。
 R-1を箱買いした。(免疫を高めるため。)

スマホの利用制限については?

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨休憩時間以外は電源を切っていた。
✨自分に約束をした。

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨手の届かないところに置いた。
✨時間を区切って触るようにした。

保護者Cさん(法学部3年生男子の母)
✨特に制限なし。
 →夏以降は自粛していた。

保護者Dさん(総合グローバル学部3年生女子の母)
✨特に制限なし、本人に任せた。
 →自分から預けにきた。

失敗から学んだことは?

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨短・中・長期の目標、ビジョンを決めることが大事。

就職活動で親にしてほしかったことは?

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨「本当に大丈夫なの?」という心配より、
 「頑張ってきたあなたなら大丈夫」という声かけ。

受験のときに戻れたら?

保護者Cさん(法学部3年生男子の母)
✨年明けくらいからは、大丈夫、大丈夫、
 と言ってあげたい。

保護者Dさん(総合グローバル学部3年生女子の母)
✨十分頑張ってるから大丈夫、と言ってあげたい。

学生Bさん(法学部4年生女子)
✨親に当たったりしたこともあり今から考えると申し訳なかった。
 親はぐっと飲みこんでいたと思う。

学生Aさん(外国語学部4年生男子)
✨なんでそこに入りたいかを深掘りしておけ、と自分に言いたい。
 →入る前も、入った後も、モチベーション落ちず頑張れるはず。


f:id:nacky-seven:20190827002030j:plain
「母娘の影(左が娘)」@上智大学 photo by NACKY

東大キャンパスツアーでも思ったことですが、
1に自主性、2に自主性
自分なりの勉強方法を見出すのも、
スマホとどう向き合うのかも、
本人の「意志」が何よりも大切なのだと改めて思いました。

親のできることと言えば、
健康面の管理と、勉強以外のことでの声かけ、
そしてお金を出すことくらい(笑)。

私も、細かいことに一喜一憂することなく、
どっしりと構え、大きな心で見守っていきたいです。


Instagram
https://www.instagram.com/nacky_seven/
Twitter
https://twitter.com/nacky_seven
Facebook
https://www.facebook.com/nackyseventokyo/


※1日1本飲めば大学受験を制覇できる?


※5年分以上を2周以上くり返そう!

amazonプライム 30日間の無料体験に申し込む

www.nacky-seven.tokyo